花嫁和装の種類


結婚式の準備で和装をお考えの方にはチェックしなければいけないのが着物のデザインです。

和装は大きく分けて白無垢、黒引き振袖、振袖、色打掛けがあります。決まりなどはありませんが挙式で着るのが白無垢と黒引き振袖は、色打ち掛けと振袖はお色直しで着用するのが一般的と言われています。

ドレスと違いシルエットに大きな違いがない分、柄や色の種類が豊富にあります。白無垢とは全身を白で覆うことを言います。どれもこれも同じに見えますが、生地の織り方、柄などたくさんの種類があり、なかでも織は印象を左右するといわれると言われています。

織の特徴で白無垢に良く見られる絹糸。美しい光沢がよく映えます。女性らしい着姿になるため、身長が高い女性にも似合うとされています。

唐織とは織り地がしっかりとし、刺繍をしたかのように柄が浮かび上がって見えるのが特徴です。小柄な花嫁におすすめです。

お色直しの衣装として一般化した色打掛は、白、赤、黒の地色に限られていた昔の姿も消え、多彩な色や柄が用意されるようになりました。

表情が明るく見える地色を探すことがポイントです。手の込んだ織や染、刺繍で映し出された模様も気になりますが、まずは地色を探しましょう。

その他、注意するポイントとして、小柄な人には細やかな総柄、大胆な構図の絵羽文様は身長の大きな女性に似合うとされています。

着物の色、柄はもちろんですが色合い、小物、合わせる帯と、全体のバランスを考えながら選ぶのが振袖です。後姿のポイントともなる帯は、結び方はもちろん、金糸銀糸を織り込んだ丸帯が、華やかさの点でも高い評価を受けています。伊達襟、帯締め、帯揚げ、の配色や着付けの工夫も着物の印象を決めるポイントです。


Copyright © 2008 結婚準備情報局. All rights reserved